ブラッシングの正しい方法

トップページ > ブラッシングの正しい方法

ブラッシングの正しい方法

ブラッシングに時間をかけている人は、案外少ないかもしれません。

 

ショートヘアだと特にささっと済ませてしまうでしょうが、育毛対策のためにはブラッシングも正しい方法で行うことが大切なのです。

 

ブラッシングは毎日行うことですから、マッサージよりも簡単に行えるでしょう。髪を整えるというだけでなく、髪についたほこりや汚れを落とす意味でも、意識して行っていくようにしてください。

 

特に、育毛対策で重要なのは、シャンプー前のブラッシングです。必ず行うようにすれば、髪に水分がいきわたりやすくなります。

 

乾いている状態でブラッシングしてから髪を濡らせば、シャンプーも少しの量で済み、髪にダメージがかかりにくいのです。

 

ブラシの種類は、毛先がとがっていないものを使ったほうが刺激が少なくて済みます。ナイロン製よりも、植物性や動物性の毛を使ったブラシをおすすめします。

 

ナイロン製のブラシはお手軽ですが、頭皮への負担は静電気などを起こしやすく大きくなります。かゆみやかぶれを起こしてしまう場合もあり、アレルギーの原因になることもあるのです。

 

毎日正しくブラッシングを続ければ、髪の状態は必ず変わってきます。つやが出て、汚れがつきにくい髪にするために、ブラッシングを大切にしてください。

 

自分の髪の状態を把握することが、必要なケアをすることにつながります。何も知らずに、ただ効果だけを期待して育毛商品を使い続けるのは、お金の無駄というだけでなく、頭皮や髪にかえって負担をかけているだけに過ぎないことになるのです。