育毛と遺伝

トップページ > 育毛と遺伝

育毛と遺伝

ハゲは遺伝すると古くより言われ続けてきました。単純に親がハゲだから子も絶対ハゲるというわけではありませんし、隔世遺伝との説もありますが、いずれにせよ何らかの遺伝要素は強いとの考え方が有力です。

 

ただし注意が必要なのは、遺伝によってハゲるのか、同じような食生活。生活習慣を送るから同じようにハゲるのかははっきりしないということです。ハゲは生活習慣が強く関わると言うこともまた事実で、おおよそだらしない生活を送っていると頭皮にも悪影響を及ぼします。

 

子は親に似ると言いますが、性格は遺伝よりも後天的な経験や学習による面が強いと言われ、ハゲに関しても同じ家で同じような生活を送るから似たような結果となりやすいとの考えも全くの的外れとはいえないはずです。

 

よって、親がハゲているから自分もハゲるのでは……と考える人は、言葉は悪いですが親を頭皮の反面教師と捉え、頭皮に良くない親の癖や習慣を自分は改めて、早いうちからしっかりと育毛していくことが重要です。

 

育毛にはノコギリヤシや亜鉛などの栄養が効果的だとされています。亜鉛の補給には亜鉛のサプリメントが効率的です。

 

抜け毛に非常に大きな影響を与えるのは頭皮の血行不良と言われていますが、この血行不良を強力に引き寄せるのが喫煙です。

 

親がヘビースモーカーだからそれにつられて自分も早くから吸い始めた、と言った生活習慣の連鎖が「ハゲの遺伝」の正体かもしれないと言うわけですので、こういった親の取る頭皮に悪い行動を見直していく必要があります。

 

同じく、深酒、睡眠時間の乱れ・不足、栄養の偏り、肥満などは抜け毛の大きなファクターとなりますので注意してください。